生活者と未来のために働きたい

2009年9月10日 18時49分 | カテゴリー: 活動報告

やっと始動、新体制の都議会

8・29国立市の防災訓練にて 地震体験車に初めてトライ
8・29国立市の防災訓練にて 地震体験車に初めてトライ
 8月31日(月)にようやく臨時議会が開会されました。
議長:田中良議員(民主党)、副議長:鈴木貫太郎議員(公明党)が投票で決定。議席も決まり、生活者ネットワーク・みらいは、中央前から縦3列となりました。
またこの日は、各常任委員会も開かれ、私は、公営企業委員(理事)となりました。交通局、水道局、下水道局等に関する委員会です。
9月3日(木)に委員会があり、事務事業の説明がありました。

 そして、9月7日(月)13:00から、2009年度第3回定例会(9月議会)が開会されました。
その少し前12:40から東京都交響楽団メンバーによる弦楽四重奏が行われ思いがけずゆったりした気分を味わえ、落ち着いて議会に臨めました。

 初日は石原知事の所信表明が行われ、おおよそ30分でこの日は終わりました。
 知事の発言のなかで、「イギリスの有名な都市専門誌“モノクル”が調査した世界の住みやすい都市ランキングでも、東京は2年連続で3位となりました。東京より上位に選ばれた都市は(チューリヒとコペンハーゲンですが)人口や経済規模においてはるかに小さく・・中略・・東京は実質的に世界一位である、とのことです。」を聞いたとき、実際本当に住みやすいところなのだろうか?その調査結果と事実をぜひ一致させたい!と頭のなかで叫んでいました。また「現場ならではの発想を活かして・・・」という言葉を使っていましたので、私も、とにかくコツコツと生活者の中で問題と向き合って活動していきたい!と思いました。

 9月15日(火)には私が一般質問で登壇いたします。時間は18時54分から8分間です。ぜひ傍聴にきてください。傍聴券が必要となります。券は、議会棟2F受付で配布しています。