原発の是非を問う都民投票条例修正案の共同提案をしました

2012年6月15日 19時58分 | カテゴリー: 活動報告

本日午後に行われた記者会見の様子〜向かって右端が生活者ネットワーク・みらいの星議員、その隣が西崎議員
本日午後に行われた記者会見の様子〜向かって右端が生活者ネットワーク・みらいの星議員、その隣が西崎議員
 いよいよ「原発の是非を問う都民投票条例案」の審議が迫ってきました。
 
 本日、直接請求による32万筆を超える都民の方々の思いの実現に向けて、都議会民主党とともに「原発の是非を問う都民投票条例の修正案」を、共同提案しました。

 チェルノブイリ原発事故による食品の放射能汚染で、危機感が高まり、1989年に、食品安全条例制定を求める直接請求が行われました。食品安全条例は、制定こそなりませんでしたが、食品安全にかかわる予算等の倍増、食品安全行政連絡会議等の設置に結びつきました。さらに、2004年、石原知事はBSE問題や食品偽装などが相次ぐ中で、東京都食品安全条例を制定しました。
 
 チェルノブイリ原発事故から23年が経ち、この日本に原発事故が起きてしまったのです。今回の多くの市民が行動を起こさずにはいらなかったのは、当然であり、私は、都民の政治行動をぜひ成功させたいと最後まで頑張りたいと思います。