もしかしたら、デートDVかも。ひとりで悩まないで、相談して。

2012年10月11日 20時28分 | カテゴリー: 活動報告

 東京都デートDV特別電話相談
 
2012年11月9日、10日 14時∼20時      
 
 0120-110-027(フリーダイアル)

     いつもはやさしいのに、気に入らないと暴力をふるう、大声で怒鳴る。でも、しばらくすると一転して、やさしくなって、「もうしない。ごめん!」って約束してくれる…。

 交際相手からの暴力や暴言に、「好きだから…」「自分しか理解してあげられないから…」「今度こそ変わってくれるかもしれないから」とがまんしてはいませんか?あるいは「自分が悪いから」と思ってはいませんか?

 デート代をいつも払わされたり、貸したお金を返してもらえないなどの金銭的な問題や嫌なのに身体を触られたり、避妊に協力的ではなかったり…、暴力はさまざまです。もし恋人から、怖い!と感じるような言動をとられていたら、ひとりで悩まずに相談してください。東京ウィメンズプラザでは、交際相手からの暴力(いわゆるデートDV)の相談件数が年々増加していることから、11月9日10日、特別電話相談を実施します。(国立・生活者ネットワークのHPに詳しく掲載中) 

 

    DV(ドメスティック・バイオレンス)は、大人だけのものと思われがちですが、恋人同士の間で起こる暴力「デートDV」は、中高生にとっても身近な問題です。被害を未然に防ぐためにも、きちんとした情報を持っておくことが重要ですが、まだまだ認知度は低く、誤解もあり、若い世代に必要な正しい情報が中学生や高校生に届いているとは言えません。

     世田谷区などでは、中学校、高校等を対象に「デートDV」を学校出前講座として実施しています。また都立高校の中でも、思春期講座を高校3年間で系統立てて実践するなかで、高校生から発信する「デートDV防止啓発DVD」を制作した高校もあります。自分らしい性を生きること、自立と平等をめざす教育が必要です。

*束縛し、自分の好みを相手に押しつけ、    暴力で相手を支配するのは愛ではありません

東京都が平成21年度より発行しているデートDVのカード型パンフレット

カードの内面にはメッセージが書かれています。

 

 

 

 

 

 


 
DV、デートDV。ひとりで悩まないで相談してみよう。
秘密厳守、相談無料)

東京ウィメンズプラザ(女性用) 03-5467-2455
東京ウィメンズプラザ(男性用) 03-3400-5313
東京都女性相談センター(女性用)03-5261-3110
東京都女性相談センター多摩支所(女性用) 042-522-4232