どうしてもオリンピック開催を実現したい猪瀬知事!

2013年3月7日 18時45分 | カテゴリー: 活動報告

~オリンピック/パラリンピックは“日本の希望”の万能エキスとなるのか?~

 2月28日(木)、東京都議会3月議会の一般質問を「生活者ネット・みらい」として私が登壇しました。  質問項目は、1.知事の施政方針 2.住宅政策について 3.自転車対策 4.被災者支援 5.食の安全 6.エネルギー対策について。

質問と答弁を報告いたします。

1. 知事の施政方針について 

2013.02.28 議場での質問の様子

 <問>
  猪瀬知事の施政方針では、多岐にわたって都政の課題にふれているが、子ども、女性、障がい者などへの思いが具体的に伝わってこない。子どもの生きる力を育む教育は学校教育の中だけで十分とは言えず、遊びや文化・スポーツなどを通じて全人格を形成していくもの。これからの時代を生きる子どもたちにとって、子ども自身が体験の中から、生きる力を身につけていくことが重要であり、知事の所見を伺う。
<知事答弁>
 生きる育成について、遊び・文化・スポーツは大事である。大人が希望を見せなくてはいけない。だから、オリンピック/パラリンピックで希望を大人が設定していくことが必要なのだ。だから、オリンピックを一生懸命やる。

<問>
 女性が様々な働き方を選択することが可能になってきた現代であるが、しかし、出産などで離職せざるを得なくなり、いったん仕事を離れた後なかなか職に就けないなど、有能な人材が社会で活躍できないケースが少なからずあるとも聞く。これからの少子高齢社会に、女性が充分に力を発揮できる就労こそが社会の発展を支えるカギになると考えるが、知事の見解を伺う。
<知事答弁>
 結婚・出産を機に多くの女性が離職している現実があり、高い専門性を持ち、能力のある女性が多数存在。働く意欲のある女性に活躍の場を提供することが、東京の力を引き出すカギ。社会全体で支える仕組みが重要だ。東京都では仕事と生活の両立支援を行う企業などの優れた取り組みを認定し、ノウハウを広く発信している。一旦離職した女性にたいしても、東京しごとセンターにおいて実践的な知識習得支援のプログラムを実施。今後とも、環境を整え、就業を支援していく。

他の質問も順次報告していきたいと思います。

山内れい子一般質問の動画(その1)

 山内れい子一般質問の動画(その2)
http://www.youtube.com/watch?v=8MJv7a5BVR8