東京都「避難所管理運営の指針」を全面改訂!②避難所運営、復興支援は 男女平等参画の視点で進める 

2018年9月10日 18時07分 | カテゴリー: 活動報告

今年3月、東京都は「避難所管理運営の指針」を全面改訂しました。
▼女性や子育て家庭に配慮した避難所の開設
▼女性、子ども・若者、高齢者、障がい者等の多様な主体の意見を踏まえた避難所運営を行うために、管理責任者や自治的な運営組織の役員には男女両方が参画する(女性参画3割以上を目標)
▼避難者による食事作り・片付け、清掃等の役割分担は、性別や年齢によって役割を固定化しない
▼授乳室のほか、子どもが泣いたり騒いだりしても気兼ねしなくてすむ、キッズスペースの設置
など東日本大震災の課題対応が盛り込まれています。

自治体議員立憲ネットワーク「韓国視察」に参加、韓国でも集中豪雨にあう!外国で災害にあった場合のことを考えると、東京での「外国人対応」も重要

また、東京都は、女性防災リーダー育成のための研修を今年度中に開始する予定です。